テキスト ボックス: がくどうほいく ふなばし
bR 市連協だより                  2004.9.17(金)発行
船橋市学童保育連絡協議会            (住所)船橋市南本町31−5
(Tel/Fax)047-433-9266   (ホームページ)homepage2.nifty.com/fghrk/
 

 

 

 

 

 


11月14日(日)天沼公園で開催予定

第4回「がくどうまつり」にむけて

 

 

 

 

 

 

 


9月4日(土)、市連協主催の第4回「がくどうまつり」成功のため第1回実行委員会
が市連協事務所で開催されました。

実行委員会では、昨年の「がくどうまつり」の成果と反省点を話し合いながら、11月
14日(日)天沼公園で実施すること、実行委員会の体制の確認と引き続き加盟父母
会だけでなく、未加盟父母会や
OBなどへ実行委員会への参加を呼びかけ、父母と
父母会の力で「まつり」を成功させることなどを議論しました。


まだ、実行委員の選出が出来ていない父母会は、遅くとも9月末までには選出でき
るようにしてください。

 

実行委員会の主な体制は以下のとおりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


今後も計画的な増設を表明

2004年度要望に市から回答が 

 

 

 


市保育問題協議会を通じて提出した「2004年度市連協要望書」に対する回答が、
8月30日にありました。

主な回答内容は下表のとおりですが、

@    ルームの増設を計画的に進める

A    増設にあたり、施設の内容について父母会等の意見を聞く

B    不審者に対する非常警報機材の設置の検討

C    父母会とできる範囲内での協力 

D    ルーム職員の配置及び採用について、今後も職員の意見を聞く

等前向きな回答も出されている一方、未回答のものも多くあります。

市連協では、回答内容を整理し、市との懇談会等で要望事項の実現に向け引き続
き取り組んでいきます。

 

要望事項

回答内容

・放課後ルーム事業が「全児童対策事業」(全ての児童を対象とした事業)に吸収されないこと

 

・今年定員超え入所の19ルームについて早急に増設を。

 

・増設にあたっては、学区内に設置することも含め、当該父母会の意見を聞くこと

 

40名を超える大規模ルームは分割・増設して適正化に

・本市におきましては、公設公営で放課後ルーム事業を設置、運営しておりますが、現在のところ「全児童対策事業」に移行することは考えておりません

 

・施設の整備については、今後の児童推移等を勘案しながら、増設計画を進めてまいります

 

・施設の内容につきましては、父母会等のご意見を伺い、可能なものについては、取り入れるよう努めてまいります

 

・施設の増設につきましては、校内敷地等の状況、制限等もあり、40人以上のルームを全て分割、増設することは困難であります

要望事項

回答内容

 

・障害をもつ児童を受け入れているルームの状況を調査し条件整備をおこなうこと

 

・4年生以上の児童を積極的に受け入れること

 

 

 

・法典西小の子供たちが通いやすい場所に放課後ルームを設置すること。小学校内に一時待機場所をつくること

・非常時の連絡体制、避難計画を文書化して父母に手交すること。避難口が1箇所しかないルームの対策。非常通報機材の設置を

 

 

 

・最低4半期ごとに保護者懇談会を。父母が参加できる条件でルーム行事を。ルームの円滑な活動を支えるために父母会の設立と運営に協力すること

・障害をお持ちの児童については、体験入所における専門家の意見を踏まえて、指導員の加配を行っておりますが、今後も各ルームの状況を踏まえ対応してまいります

 

・本市の放課後ルーム事業については、小学校1年生から3年生までを定員の対象としており、夏休み等を含めて、定員の対象学年の変更は考えておりません

 

・法典西放課後ルームの移設につきましては、現施設の設置経緯があり、この問題解決に向けて努力しておりますが、現時点では明示できませんのでご理解ください

 

・非常時の連絡体制、避難計画等については、各ルームごとに作成し、保護者会においてもご説明申し上げております。また、避難口が1ヶ所しかないルームについては、現状においては指導員が安全面に注意することで対応しております。不審者に対する非常用警報機材等については、今後設置を検討するとともに、不審者に関する情報の伝達体制についても整備してまいります

 

・保護者懇談会、父母の参加できるルーム行事等については、各ルームにより状況が異なりますので、これらの行事の開催について全てのルームに統一的に指導することは考えておりません。また、父母会の設立・運営に関しましても同様に考えておりますが、既に設立されている父母会については、できる範囲内で協力してまいります

 

 

 

要望事項

回答内容

・指導員研修に緊急救命手当の講習と他の病気(けいれん、ぜん息等)の処置方法も講習すること

 

・非常勤の指導員配置は40人に3人、児童13人増加する毎に1人を

 

・指導員研修会に情報交換の場を

 

 

・毎年の指導員研修会のプログラムに救命救急を取り入れて研修を行っておりますが、その中で講師とも相談し、可能であれば他の病気の救急処置方法について検討してまいります

 

・ルーム職員の配置及び採用については、今後も職員の意見を聞きながら充実を図る方向で検討してまいります

 

・本年、障害児の対応に関する研修会において、情報交換の場を設けたところですが、今後も職員の意見を聞きながら情報交換も含めて、研修会の内容を充実させてまいります

 

この街から市立保育園をなくさないで!

「公立保育園だいすきネットワーク」集会へ参加を

 

 

 

 


民間委託される保育園が公表される緊迫した状況です。

公的保育の後退となる市立保育園の民間委託化を許せば、公設・公営で実施されている
「放課後ルーム事業」へも大きな影響を及ぼします。

「だいすきネットワーク」では下記日程で民間委託化反対の集会を開催しますので、ぜひご
参加ください。

日 時: 9月26日(日)10時〜11時30分

場 所: 中央公民館(市民ホールとなり)

集会終了後、JR船橋駅駅前で街頭宣伝も行います。